管理人ついてご紹介 がっちり体型下半身太りでもファッションを楽しみたい♪

☆管理人のご紹介☆

当サイトの管理人の まるこ です。

お越しいただきありがとうございます。

私は普段、30代2歳児を育てているママです。お仕事もときどき。

ユニクロ、GU、ZOZO、楽天が大好きです。

いいなぁと思ったお洋服のコーデをご紹介しています。

※載せているコーデは購入時期や販売時期によって名前や金額が変わっている場合がありますのでご了承ください

まるこのDATE

身長167㎝

体重は70㌔前後プラスマイナス4㎏を季節によって変動中。

体重を4㎏増えても減っても、まったく着る服のサイズが小さくなったりしなくて

L~3Lサイズの幅のお洋服を変動しています。特に下半身ね((笑)

結論から言うとお肉の量にもよりますが、もともと骨と体格的に華奢じゃない!

骨格がしっかりしていて、がっしりがっちり体型ということです。

アスリート体型ともいえますね。




こちらのサイトでは、普段L~3Lサイズのガッチリ体型の まるこ が

ファッションと子育てを楽しんで生きていく女性のお役に少しでもたててれば

と思い、そして、日々の自分の記録の為に立ち上げました。

フリーサイズのお洋服でも、材質によっては着れるものも

沢山ありますよ。 🙂

是非、ご覧になって頂けると嬉しいです。

以下は私のファッションのへの遍歴をご紹介します。

気がつけば、ずっと下半身ガッシリ体型だった?!コンプレッスになるまで。

私が今のファッションスタイルに辿りつくまでは、

長い歴史があります。(笑)

今でこそ、この体型と状況と年齢を楽しんで生きていますが。

色々悩んだものです。

それは中高生の頃まで話はさかのぼります。

食べることが大好きで、さらに、中高と体育会系に所属していた

スポーツマンだった為、若さの源、ハリ!こそあるものの、身長も167㎝で高めの

がっちり体型に仕上がっていました。

特に、もともと骨盤がしっかりしており、おしりが大きめに仕上がっていた為

当時、流行っていた、中高生向けファッションの、特に、「ボトム」が まったく

着れませんでした。(涙)

世の中の服は、スタイル良い子向けの、素人もモデル並みに細い子用の服ばかりに

思えましたね。

それで、ズボンやスカートなんて

特に太ももが入らないんですよねー。

ウエストはガバガバだったりすることもあるのですが。

イメージとしては 洋ナシ 体型ですかね。

当時の中高生グループとしては、

見かけ第一主義的なところもあって、けっこうなコンプレックスでもありました。

お友達と、人気のショップにいっても、

どう考えても自分のサイズとは合わなくて、そうなると試着も最初からしないし、

購入をすることももちろんありませんでした。

その時は、友人と一緒にショップに行くことはあっても、スタイルのいい友人と一緒に

お買いものの服を悩むのがなんとなく恥ずかしくして。

店員さんと目が合うたびに、「貴女に着れる服はありませんよー?」と言われている気が

して。

↑実際には言われてもいないし、ただの被害妄想なんですが((笑)

まぁそれはそれは自信が持てずにいましたね。

あとから、一人でこっそり買いにいったりもしました。

悲しい! でも、当時は、そんな風に買う方が、回りの目を気にせず一番安心して

お買いものが出来る方法でした。

そんな私も、

高校を卒業して、大学生になった時から

私の感覚も変わっていきます。




ぽっちゃりガッチリ体型でも美しい人がいる!コンプレッスが自信になる。

高校を卒業し、大学生になった時でした。

当時、私も例にもれず、大学デビューを目指しました。

痩せたんですよ。58㎏~60㎏ぐらいまで。(現在は戻ってます!爆)

でも不思議。 ボトムの サイズがどうしても LLサイズ(ブランドによってはLサイズ)

から 変わらないんです。

私は、半ば、コンプレックスを克服できず、涙目の日々を送っていました。

皆さんから、

「あれ?!それ以上のダイエットはしなかったの?」という質問が想像されますが、

当時、食事と運動をギリギリまで頑張っていましたので

これが限界だったのです。((笑) 😆

ただ、大学生になり、今まで、地元の狭い世界にしかいなかった私は気づいたのです。

大きくても、ぽっちゃりでも、ガッチリ体型でも

美しい人がいる。可愛い人がいる。美人がいる。

ということに。

ほっんとーに!衝撃をうけましたね。

今まで、スタイルがモデル並みの細い人史上主義が世の中のすべてだと思って

生きてきましたから((笑)

そして、

その女性達は、男女からも人気があり、

まぁ、一言で分かりやすく言うと、モテていました。

もちろん、ご本人達の美へ追及や努力の賜物ではあるのですが。

そして

それをかわきりに、

その後の、長い社会人生活を送る中で、

何度もこういったシーンを目撃してきました。

そして私が確信したこと。

まず、世の中は、

スタイルがよくて、細いモデル並みの人達ばかりが受け入れらるわけではない!

ということ。

体型は、どんな形でも、

女性らしく、優しさと、愛情と何より自分に自信を持っていたら

男女問わず好意をもってくれる人がいるということでした。

自分が、「自分にナイものばかりにフォーカスしている」と

ほんとは、すぐ隣にある良い部分も

きっと一生見つからないと思います。

そんなの悲しいし

それはもったいないです。

もっと自分にあるものにフォーカスしていってみましょう♪

そんな風に悩む女性の方々に少しでも

お役に立てる情報を発信していきたいと思っています。

あと、自分の日々の記録の為に。

最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする