ユニクロ2WAYストールの巻き方や使い方コーデ♪春まで使える 

ハロー!まるこだよ。

今日はユニクロの2WAYストールの巻き方や使い方を紹介します♪

先日、友人に聞かれてお伝えしたのですが、とっても簡単ですし、

ポンチョ風にもマフラー風にも使えるストールなので、ユニクロの2WAYストールは

1枚もっていると、とっても便利ですよ。

ユニクロ,ユニジョ,2WAYストール,巻き方

真ん中に切れ目が入っていて、

こんな風にポンチョ風に着れるのが基本!

2WAYストール,ユニクロ,巻き方,春

柄も豊富で、ユニクロから色々な柄がでているんですよ。来年も新柄が出るのを祈ります!

https://www.uniqlo.com

https://www.uniqlo.com

背負うだけで、可愛く決まるので簡単楽ちんです。♪

色々な柄も、登場しているので

生地が厚めで安っぽく見えないのも嬉しい。




2WAYストールは首に巻いても使える?

毎回、ポンチョみたいに背負うように羽織っていても飽きてきてしまうと

思いますよね。

そんな時は、ストールを首に巻くようにコーデすればいいですよ。

2WAYストールは、ポンチョみたいな形になっているので、どんな風に

首に巻くといいか気になりますよね。

そんな時は・・・

基本的には、大ざっぱにクルクルと横にのばすように巻いて伸ばしてしまえばOKです。

雑ですが、意外とそちらの方が、ざっくりボリュームが出て可愛いですよ。

まるこが、いつもやっている、巻き方や使い方はこちら!

特別、これが正解ではないので参考までに((笑)

① 背中の部分を折りたたみます。

2WAYストール,ユニクロ,巻き方,春

② 切れ目のスリットが入っている部分を、1枚づつ、折りたたんだ部分にかぶせる

そうすると、なんとなく長い1本のマフラーやストールのようになります。

2WAYストール,ユニクロ,巻き方,春

③ そして、②までで出来上がった、2WAYストールをくるっと首に巻けばOK

ちなみに、くるっとまいて、垂れた部分の端を輪の部分に居れれば、

よくあるマフラーやストールコーデになります。

2WAYストール,ユニクロ,巻き方,使い方

④ こんな感じになるよ。

2WAYストール,ユニクロ,巻き方,使い方

⑤ まるこは、大柄の体型ですが、こんな感じで仕上がります。

2WAYストール,ユニクロ,巻き方,春

かなりボリュームがでて、お洒落のポイントになっていいと思います♪

シンプルコーデの時などにも使えますよね。

基本的には、2WAYストールは、ポンチョ風とストール風の巻き方や使い方が

出来ればOKだと思います。




2WAYストール使い方の番外編!ママさんの子育てグッズとしても便利 授乳ケープやひざ掛けに

あのですね・・!まるこは、ずっと思っていたのですが、

これって、ちょっとした授乳ケープに使えるのではないかと思ったのです!

一応、普段はママ業もやっている、まるこですが、今は、すっかり授乳のシーズンは

終わってしまっているので残念です。

もし、その時期にこのユニクロの2WAYストールに出会っていたら、授乳ケープとして

使えたなぁって思いました。

(授乳ケープを別で持ち歩いていたなぁ~とシミジミ回想しちゃいます)

このユニクロの2WAYストールを授乳ケープとしての使うイメージとしては、

ポンチョ風に2WAYストールを羽織った時に、赤ちゃんを抱えたママの体をほどよく覆ってく

れる感じです。 赤ちゃんの顔が見えるのが気になる場合は、単純に落ち着く位置までストー

ルをずらせばOKです。

また、羽織った時に手で軽く押さえて、はだけるのを防ぐのもいいと思いますが、

ケープホルダーやクリップを使えば、授乳中にずれ落ちてくることもないですしね。

さらに!

同じ要領で、赤ちゃんを、抱っこ紐で前だっこや後ろおんぶをした時も、

この2WAYストールなら赤ちゃんとママを同時に包んでくれると思いました。

赤ちゃんの大きさにもよるのですが、0歳児の赤ちゃんだったら、いけると思います。

(特に抱っこ紐で前だっこをする時に!)

きっと、こうやって活用しているママさんも多いのではないかと推測していますよ!

荷物も減りますし、使わない時は、ベビーカーに座らせた赤ちゃんのブランケット替わり

にしてもいいと思います。

もちろん、大人のひざ掛けにも最適!

関連記事:ぽっちゃり体型ママのストールコーデ                  こちらの記事でもストールコーデを紹介しています。

今日も最後までお読みいただきましてありがとうございます。

少しでも参考になると嬉しいです。

また、是非、ブログにお立ち寄りください♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする